本文へジャンプします。




« 釣りは冒険?ロマン? | トップページ | 芦ノ湖のフライフィッシングとスピニング »

2018年11月14日 (水)

本流釣りのメッカ犀川でエサ釣り

 本流釣りのメッカ、長野県の犀川に行ってきました。

近年9m以上の剛竿を使い大型マスや果てはサケを釣ることが一部のマニアの間で流行っていますが、ここ犀川殖産漁協エリアでは周年楽しむことができます。キャッチ&リリースルールで1年中釣りが可能なのです。


Img_3988


 もともと渓流の禁漁期間というのは、渓流魚の産卵期に合わせて親魚保護を繁殖を促すことが目的です。

 このエリアはダムとダムに川を遮られ、産卵できる支流もないので、禁漁期間を設けていないそうです。

 11月8日はゆっくり目のスタートで、午前11時に漁協の久林誠治さんから情報を聞きつつ遊漁券を購入、私は日釣りで1000円、同行の飯沼聖道さんは年券を持っていて、なんと5000円だそうです。

 他の川が禁漁になった10月に入り放流をしたというのでそのポイントよりやや下流に入りました。




Img_3969


 飯沼さんはルアー、私は餌釣りです。ロッドはダイワ飛竜クロダイという前打ち竿の7m。リールはシルバークリーク2004C、ラインはサンライントラウティストエリア4ポンド、これにスーパートルネード1号(フロロ)を1、5m

 ハリはがまかつナノ船カレイの12号。ハリ先が外側を向いているので、触っただけで掛かるという前提です。そしてエサはマグロのサイコロ切りです。これを知ってからエサ釣りが面白くなりました。

Img_3998





 ミャク釣り仕掛けで探り始めます。10回流さないうちにアタリがあり、ロッドを立てると重い引きが伝わりました。ゆっくり時間をかけて弱るのを待ち、引き寄せると婚姻色が出たニジマス。今日初下ろしのハンドメイドジャンプラバーネットですくい測ってみると47cmありました。


Img_3980

Img_3971


 それをリリースすると今度は50cmが釣れました。この魚にはハリの傷が私の以外に3箇所ついていました。殖産漁協はカワウ対策で大型の成魚放流を繰りしています。

Img_3986


 10月は採卵が終わり精子を縛ったオスが安く手に入るので大量に放流できるみたいです。そのため、濃い色のついたオスばかり釣れるのです。

 最近ではヒレがしっかりしたより野生に近いような姿の魚を確保して放流しているそうです。そのためか放流魚とはいえ、胸ビレも貼っているので、急流の川底でかけた場合、他の川のニジマスのように水面に躍り上がってジャンプを繰り返すようなことはあまりなく、川底で抵抗を続けるため、なかなか浮き上がってこないのです。その引きは重厚でそれはそれで楽しいものです。

 しかし狙いはもっと大きな魚です。ここでは60cmオーバーも珍しくないのです。

昼食は道の駅の手打ちそば。出来るだけ地元で食べるようにしています。食事中飯沼さんと作戦会議。そしてポイントを大きく変えました。行ってみるとフライの人が二人上がってきたところで、「アタリもなかった。」と嘆いていました。

 そこで粘ってみるとちょっと小型でしたが、ヒレピンの綺麗な年越し魚が掛かりました。やっぱりエサは釣れますね。

Img_4024





ルアーの飯沼さんもノーヒットでしたが、、、。

 午後3時、マグロをやめてエサを川虫とミミズにチェンジ。もしかしたら大きなブラウンが釣れるかもしれないと希望を持って流し続けましたが、川虫に50cmぐらいの放流マスがヒットしたのみでした。これらの魚たちがここで野生化し、再び掛かってくれることを期待します。

 

これで放流魚?と満足する人も。しかし犀川のポテンシャルはもっとすごいのです。

 

Img_4031

 

夕刻は漁協の久林さんの別荘、隠密ハウスへ。

今年の春に私が釣った71cmのニジマスの写真を飾ってくれていました。

Img_4036

 

|

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事