本文へジャンプします。




« 魚は痛みを感じるか?事実がわかったら行動しましょう。 | トップページ | 外来生物を食べてみた。(タマゾン川と印旛沼) »

2018年12月26日 (水)

磯釣り これぞ男のバンカラな釣り

打ち寄せる波、砕ける波、そして強烈な引き!



Img_4628





2018年に体験した面白い釣りの中に、磯釣りがあります。

海岸の岩場(磯)の上に乗って釣りをするのです。
防波堤からの釣りも面白いのですが、
波が来た時に岩場をせりあがり、砕け、白い泡を出します。
これをサラシと呼びますが、サラシが多いということが、波の強さや高さをものがたります。

岩の形状によって、飛沫の高さも変わります。
自然って楽しいです。

20181225_115115

こういう状況の岩に乗ってやるのが磯釣り。
時に穏やかですが、天候が急変すると大変。
自然に対する判断力。
素直に撤収する潔さも必要です。
今回のように1日中穏やかな日にも恵まれることもありますが、、、、。
だから釣りは面白いのです。
前述のように
磯釣りはお気軽ではありません。
ベテランに同行するのが一番です。
それでいても装備は、
竿ケース、
道具を入れたバッグ
バッカンと呼ばれる収納バケツ(四角型)は
撒き餌(コマセ)ように水汲み、餌箱、
撒き餌ヒシャク、撒き餌を砕いて混ぜるヘラ(マゼラーとか言います。)
そして私たちのようにサイズを測ってリリースするなら活かしバッカン(生簀)も必要です。
これだけの装備に、ライフジャケットと、磯スパイクブーツも必要です。
そして行きは、これらプラス撒き餌が一人5kg〜10kg。大変でしょ?
それだけをやる価値があるほど魅力的なんですよ。
まさにバンカラな男の世界ですね。
これを一度はやってみたいと思っている人は実に多いのですが、
チャンスがないのと、人脈がなくてできないという人がほとんどです。
また「危ない」イメージもあるのでやりたくない人も。
でも面白いんです。
ルアーやフライ、そして源流釣りまでをやる私が
あえて言います。
「磯釣りは、男のロマンです。」
女が安易に立ち入る世界ではありません。
トイレもありませんからね。

20181225_115023

11月下旬、伊豆半島の西側、ほぼ南伊豆に近い田子へ行ってきました。
田子港から「ケンちゃん渡船」で約10分。港の前の、それでも沖磯です。
マルキユー研究室の実験に同行です。
何を実験するかというと、、、、。
マルキユーなのでもちろんエサです。
磯周りには目的とする魚以外にも、いろんな種類の魚がいて
それらはそれらで釣れれば楽しいと思える人もいれば
目的の魚、通常はメジナ(グレ)ですが、
この魚が食いつく前に
他の魚がかかるならまだマシですが、
他魚(ジャミとか外道と言います)が小さいと
ハリに掛からずしてエサが無くなります。
ゆえに他魚をエサ釣りということもあります。
「エサ釣りが多くってさ。釣りにならんよ。」とかね。
で、そのエサ釣りに負けずに、本命の食いつきを良くしたいと考えるのが
人類の科学の力を持った考え方です。
諦めないことなんです。

20181225_115240

私は20年近く、海洋大学との連携でマルキユーの研究力、科学力、努力を見てきましたが、
どんどん進化してきています。
今回の実験がこれ
「KTK」人工の生エサです。
その意味は
魚が釣れる事を願って
K    食っ  T  て  K くれよ
食ってくれよ、というベタな名前です。
科学的開発、、、、だったらかっこいいのにと思った人は
研究開発チームのスタッフにもいたかも。
これがあれば
オキアミが瞬殺で取られてしまうときでも、
メジナが釣れる。のです。
磯釣りにわざわざ行くのですから、
やっぱり釣りたいです。
先述の通り、すごい装備で行くんですから。
で、今回は、結果が出ました。
めちゃ釣れます。
まず写真で解説しますね。

565158156357005

田子港、ここから出港です。

Img_4602

磯に上がったら富士山が。

Img_4618_2

これがKTK、長いものを細かく切って。

20181225_114753

3つ〜4つハリに掛けます。

Img_4604_2

で、こんな奴が釣れちゃうんです。早速武内俊さんが釣りました。

20181225_113924

ヒットするとこんな感じ。

Img_4641_2

私も釣れました。(釣りました)

Img_4653

長岡寛さんは最大49、5cmまで。(さすがベテラン)

Img_4616

メジナってこういう魚です。

20181225_114327_2

私たちは殺さないで、逃がします。その前に標識を打って、

20181225_114510

静かな海へドボン。

20181225_114655

泳いで海中に消えます。タグ&リリースをすることにより

もう一回取られた時にいろんなことがわかります。

20181225_115115_2

こんな景色の中で釣りをするのが楽しくて、

根強いファンがいるわけです。

お手軽に、スマホ一つでなんでもできる世の中に慣れ切った人には

考えにくいでしょうけどね。

難しさを楽しむ、ちょっとだけ面倒だけど、

磯に乗っちゃえばあとは楽しい。

魚が掛かったら船のようなクッションはないので

引きはダイレクトです。

岩場なので

上手にやりとりしないと

小さな魚でも、ハエ根(水中に張り出した岩)で糸が擦れて切られることもあります。

主導権が魚にある。

ほら掛かった、巻いて巻いて、で釣れちゃう釣りとは違います。

20181225_115450_2

20181225_115521

Img_4674

これをやろうと思ったら、

仲間を作る事です。

一人で全部やる人もいますが、安全を考え、楽しさ倍増を考えたら

2〜3人がいいと思います。

今回はこの辺で。

釣り情報、哲学が満載のメルマガ配信中。ぜひ読んでください。

登録は こちらから

奥山文弥ホームページ

|

ソルトウォーター(海釣り)」カテゴリの記事