本文へジャンプします。




2019年4月

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年4月29日 (月)

東京都秋川の超激戦区でヤマメ釣り

東京都の西を流れる秋川のヤマメ釣りに行ってきました。
解禁から時間が経ち、ほとんど釣り切られているかのようにも見えましたが、、、、、。

あの魚も群れていました。

Youtubeに動画をアップしましたので是非ご覧ください。

20190506-161753

動画はこちら

|


2019年4月27日 (土)

業界紙に載せていただきました。

先日行われた公益財団法人日本釣振興会、埼玉県支部の総会の記事にて、
私のことも取り上げていただきました。ありがとうございました。
また、後日の埼玉県水産研究所の指導による入間川のコイの人工産卵藻設置に、
飛び入りで参加したにもかかわらず、
私の来場を記していただき、感謝しています。
どこぞの川で何センチの魚を釣ったという自慢話よりもはるかに価値がある記事です。
これからも精進していきます。
ところで、コイは害魚だ、駆除しようという考え方を
植え付けられている方がまだまだいますが、
行政の支持がある魚です。
そして国民の元気の象徴、
こいのぼりの魚です。


また人が作り変えた理不尽な自然の中でたくましく生きる魚です。
人造池に過密に放流された可愛そうなコイは適切に管理し、向き合っていきたいものです。86c83125cd6c4f9d9656cd7bf7984fd6


|


2019年4月24日 (水)

令和最初の東京海洋大学フィッシングカレッジ シェアお願いします。

フィッシング・カレッジ2019

令和最初の5月講座のお知らせ

日時:2019年5月13日(月)

場所:東京海洋大学品川キャンパス 白鷹館 1階講義室 
 
時間  午後6時半より(8時ごろ終了予定)

参加費:無料。(アンケートカードにご記入いただきます)

どなたでも参加出来ます。申し込み不要。筆記具持参。当日は遅れないように大学に来てください。(遅く来ると配布資料がなくなることもあります)
講義終了後は品川駅周辺にて懇親会があります。

参加費4000円要予約です。(fishingcollege@gmail.com)にメールで予約。

講座概要  魚が食いつくメカニズム〜後編

 長岡 寛(マルキユー株式会社企画部 次長)
 奥山  文弥(東京海洋大学参学地域連携推進機構 客員教授)
 ご案内  (奥山文弥・東京海洋大学 産学・地域連携推進機構客員教授)
前回の講義の全容がわかる後編です。魚釣りをする時、大切なことは釣ろうとする魚の生態をよく知ることです。
あるいは魚の性格を知ることですが、多くの釣り人は食性に興味を持ちます。
魚がいつも食べている餌を使えば魚は釣れるわけですが、
時には自然界に存在しない、ネリエサやルアーやフライで釣れます。
時には「なんて簡単なのだ。」と思うほど安易に釣れてしまうこともあるんです。
魚は何がきっかけで餌を口にするのか?
釣りエサのトップメーカーマルキユーにて
30年以上エサの開発を手がけた男、長岡寛さんと奥山が
科学的な根拠も交えてお話しいたします。
そしてトークによる技術講座を開催します。
前回にも増して魚を釣るための核心に迫ります。
          東京海洋大学 産学・地域連携推進機構

02-2

わかりやすく説明します。

20180517-125129
釣りやすくなった中禅寺湖のレイクトラウト 。

|


2019年4月12日 (金)

小さな世界記録 IGFA公認

2018年6月29日 家内が釣ったニジマス(4,19kg)がIGFA)国際ゲームフィッシュ協会公認の世界記録になりました。

Img_9024-2

続きを読む "小さな世界記録 IGFA公認"

|


2019年4月 3日 (水)

犀川のニジマス釣り 

長野県犀川で、ニジマスを狙うドキュメンタリーです。

放流魚が年越して野生化し、見事なプロポーションになっています。

最後までゆっくりご覧ください。

 

Photo_5

 

動画はこちらからどうぞ

 

 

続きを読む "犀川のニジマス釣り "

|


2019年4月 3日 (水)

2019年中禅寺湖解禁に行ってきました。

小雪がちらつく中、仲間とともに行ってきました。

動画を配信しましたのでよろしくお願いいたします。

Photo_4 

動画はこちらからどうぞ

 

 

 

|


« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »