本文へジャンプします。




« 中禅寺湖のレイクトラウト フライフィッシング | トップページ | 三宅島の怪魚 »

2019年6月 3日 (月)

長野県・犀川の巨大マスを釣る

エサ釣りとフライでスーパートラウトを狙います。
 長野県の犀川は、巨大なマスが釣れる事で有名です。昨年は71cmというスーパーサイズを始め、数多くの50cm級がヒットしました。大河川なので現地へ行ってその流れを見た瞬間に「すごい」と感じるや否や「どこに魚がいるのか」と悩む人も多い事でしょう。
Img_9240

Img_9257 犀川へ行くなら殖産漁協エリアがオススメです。ここには周年キャッチ&リリース区間があります。

 

またダムで川が寸断されているために大水が出ても、下流に流されてしまうこともなく、ダムに降りた魚もまた遡上してきます。

 

 

本流釣りと呼ばれる長い竿を使ったエサ釣りがもっとも盛んです。私はルアーやフライも好きですが、エサ釣りもします。

 

この川では特にフライとエサ釣りを楽しんでいます。

 

犀川の特徴ですが、キャッチ&リリースなのでどこにでも魚はいます。

 

魚が釣れない時に悩むのは、魚がいないのか、いても掛からないのかという2つですが、犀川は後者です。

 

いるんです。

 

Img_9269

 

特に大型魚はルアーで釣られ、フライで釣られ、エサでも釣られを繰り返していますから相当に賢くなっています。

 

しかし大型になればなるほどエサをたくさん食べなければ生きていけないので食欲はあるのです。

 

その食欲スイッチが入れば掛かってくる、と犀川の名人たちはみんな言います。

 

 

 

 また渓流釣りなどはポイントを秘密にしたりすることが常ですが、

 

この川はみんなが釣れている為に、みんなが笑顔で、情報も多いです。

 

栃木県の中禅寺湖といい、ここといい、キャッチ&リリースで魚が釣れるということは、

 

みんなを幸せにするのだと思います。

 

Img_9242

 

私がここでエサ釣りをするときは5、4mの磯竿にスピニングリールを使いミャク釣りします。

 

多くの人は「リールを使わず、竿一本で勝負してこそ本流釣り師だ。」といいます。

 

それよりも磯竿は5〜6m、本流竿は9〜10mありますから探れる範囲が倍以上になりますからヒット率が高くなるのが魅力かもしれません。

 

エサはいくら、ミミズ、ぶどう虫の定番の他、マグロも非常に有効です。

 

Img_9252

 

フライの場合はツーハンドと呼ばれる両手投げのロッドでスカジットシステムと呼ばれる、重くて大きいフライも投げられる道具がオススメです。

 

私のタックルはスカジットロッド7番、(G・ルーミスドレッジャー)4m。リールはKブリッドCLW58、

 

ラインはスカジットインター400グレインにタイプ6のティップです。フライはゾンカーやバニーバガーの4〜8番。

 

Img_9275

 

犀川の流れは強いので、魚は川底にいます。表層の速い流れをかわし、下層へフライを流し込まないとヒットしません。

 

最近の私のスタイルはゆっくり東京の自宅を出発し、昼前に到着して、午前中はエサ釣り、そして午後から夕方はフライフィッシングです。

 

Img_9295

 

昼食後のドピーカンのときでさえ、フライにヒットすることがあります。

 

今回は同行の岡部保夫さんが昼食後ヒットさせました。

 

Img_9291

 

漁協の監視員の久林誠治さんによれば、午後2時ぐらいに食いが立つ時があるみたいです。

 

Img_9281

 

久林さんは釣り好きが高じて、犀川の畔へ引っ越してきた方です。

 

 

彼は本気で80cmオーバーを追い続けているそうです。(本流竿で)

 

我こそはと思う方はぜひ挑戦してください。

 

釣り情報問い合わせ・久林誠治(090−8804−7261)

 

釣り人生に役立つメルマガ配信中。読まないと損失かも。

 

犀川などの動画はこちらから Youtube

|

フライフィッシング」カテゴリの記事

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事