本文へジャンプします。




« 梅雨明け前のシイラ | トップページ | お寺で釣りの講義をしました。多摩川の魚と釣りの未来 »

2019年7月 8日 (月)

木曽の小さな川でイワナ釣り Flyfishing for Charr in Japan

6月末は、予想外に台風が接近しました。
なんとこの時私たちは木曽に釣りに行っていたのです。
3ヶ月以上前から計画を立てていたので変更ができません。
無謀だと思われますか?

Img_0702

 

ですから釣りにならないほど増水したら温泉に入って観光してくればいいというぐらいの気持ちで出発しました。


初日はまだ台風接近中、雨が降り出していましたが、

川はまだ平水でした。

4人でパーティを組み、午前8時過ぎに釣り開始しましたが、

雨が強くなり昼すぎに撤収。

この日はウォーミングアップできればと考えていましたが、

イワナが6尾でした。

Img_0697

Img_0703

Img_0709

Img_0727

 

Img_0737

Img_0751

駒の湯温泉という宿に入ると露天風呂にいられないぐらいの強い雨になりました。

その夜は台風通過です。

時間がたっぷりあったため、

フライタイイングもして12番の黒のカディスとパラシュートをたっぷり巻きました。

Img_0782

Img_0790


翌朝、台風は去りましたが、目的にしていた川は危険なほど増水していました。

そこでどこか釣りができる場所がないかと上流へと探しながら回りました。

有名河川、その支流群はことごとくアウトでした。

 


そして最上流付近に行くと水が濁っていなくて程よく増水している沢がありました。

雨は降り続いています。


谷へ降りてみると十分にフライを振れるほどスペースはありません。

ちょうちん釣り、ボウ&アローキャストを強いられる、こんなところにイワナがいるの?というような沢でした。

Img_0822
用意したロッドはパックロッドのJストリーム823−4とMJ4—82(ともに約2、5m3番)です。

適当な落ち込みに前夜巻いた黒カディスを落とし、

逆引きで水面をツツツーと滑らせ、

ちょんちょんと踊らせるとすぐにぱしゃっとヒットしました。

Img_0892


それは20cm強のヤマトイワナでした。

イワナには通常白い斑点が背肩にあるのですが、このイワナにはありません。

中部地方上流域にしか生息していない希少な魚です。

同行者たちも交代で釣り登りましたが、

ほぼ全ての落ち込みに魚はいて、釣れたのは全部ヤマトイワナでした。

Img_0843


最近の傾向として、

イワナの川は何年も前から「もう魚はいない。取り尽くした」と言われて

釣りに入る人が極端に少なくなるとまた繁殖しているということがあります。

ここも多分そうでしょう。復活していたのです。

一度食い損ねた魚が2度3度食いついてくるほどスレていませんでした。

何年か前にもこういう経験をしたことがありましたが、

希少なヤマトがこんなに簡単に釣れちゃっていいのと思うほどでした。

Img_0919


あまりにも釣れるのでヒットシーンを動画に収めるべく撮影をしたり、

水中動画を撮ったり、いろんなことが試せて楽しい日となりました。

目的の川はダメでしたが、非常に良いオプションです。

この大雨でスケジュール変更になったことにかえって感謝するほどでした。

ヒットは40尾以上あったのですから。

同行者の瀬野泰崇さんは「こんなにたくさん天然のイワナを釣ったのは初めて。」と大喜び。

中村渚さんは「自分で巻いたフライでこんなに釣れて嬉しい。」と。

魚は全てラバーネットですくってリリースし未来に託しました。

Img_0944


いつか将来、またこんな状況が起こるまでこの川には来ないでしょうけれど、

釣って持ち帰る人たちに荒らされないことを祈っています。

おそらくこういう川は全国各地にあるのだろうと予想されます。

誰も行かなくなった川が。

Img_0974

動画サイトはこちら

 

奥山文弥のYouTubeはこちら

 

メルマガ登録はこちらからどうぞ

 

 

 

 

|

フライフィッシング」カテゴリの記事

サーモン・トラウト・スティールヘッド(サケ・マス・イワナ)」カテゴリの記事