本文へジャンプします。




« ブラックバスに思うこと | トップページ

2019年9月 8日 (日)

ヒラマサ、マグロ釣れた!えっ?

9月7日(土)はフィッシングカレッジ奥山塾でした。台風15号直撃寸前の相模湾に丸伊丸で出撃。

早めに海が荒れたら出られないので、とりあえず出港できてよかったです。

Img_2756

 

動画はこちらから

 

参加者は女子2名を含む12名には海釣り始めての方も。

朝、最初のポイントではいきなりベテラン組がシイラをトリプルヒット。

 

Img_2682

散水を開始すると一気に水面がキラキラ盛り上がり、その後すぐに大物が。

それは1m2cmというギリメーター越え。

Img_2690

我が長男。勇樹が釣った85cm!

 

 

そして船内ではルアーもフライもジャンジャン入れ食い。

 

名人の釣り自慢は載せないで、今回は女子の奮闘ぶりをお知らせします。

 

その日の状況は出港前にはわかっていなかったので、

絶対ボウスになりたくなかったら、まずはエサで釣った方がいいとのアドバイスに従い

 

女子たちはまずエサ釣りで。

Img_2659

ヒットしたらいきなりジャンプして驚いたよしこさん

 

生きたイワシをハリ(がまかつタマンスペシャル16号)に掛けて投入すると、秒速ヒット!

今までに経験したことのない引きとそしてジャンプ。

 

Img_2641

釣り開始後3秒でヒットしたゆうかさん

 

60cmでも初体験だから、とっても感動的。

一尾釣れたので今度はルアーを。

朝入れ食いで釣れている時に、キャスティング練習からになりました。

指導をしてくれた皆さん、ありがとうございました。

ところが

練習にならないほど、投げたらすぐに

ルアーにも果敢なアタックがあり、こんなに簡単に釣れていいの?と思うほどでした。

 

船長の話では今年一番の食いの良さだと。

こんなチャンスなのだから次はフライフィッシングも体験して頂こうと、フライロッドを持って舳へ。

Img_2666

ライロッドで格闘中のよしこさん。

Img_2668-2

50〜60cmでも淡水では滅多に連れないサイズ、しかもニジマスの100倍位引いて感激!

 

 

フライは向こうアワセ(食いついたら魚の反転で勝手にハリ掛かりすること)ではまず掛かりませんから、

食いついた瞬間にロッドを立ててアワセ(ハリをかけること)をしなくてはなりません。

何尾かのアタックをミスしながらも、フィシュオン!

 

 

これで、エサ、ルアー、フライと全部経験できたわけです。

 

第一ラウンドが終わって

「もう満足度100%ですう!」とか

「120%です。」

「もう腕がパンパンです」

とか言っていましたが、、、。

 

第2ラウンドで

神奈川県が設置した沖の浮漁礁に行くと。

 

そこにはシイラとは違うやや小型の魚たちの群れが、、、

 

フライでやってみると

 

それらは

 

ヒラマサ(キングフィッシュ)

Img_2698

Img_2705

私はヒラマサをフライで釣るのは初めてでした

カンパチ(アンバージャック)

Img_2707

坂本理典さんはカンパチ初フィッシュを

Img_2710

平井忠さんも初カンパチ

ツムブリ(レインボーランナー)

Img_2738

ヤマメのように初ツムブリを持つ落合隆志さん

 

でした。

海釣り用のごっついフライロッドには似合わないサイズでしたが、、レアな魚たちです。



それを見た彼女たちも釣りを開始、、、。


するとフライでツムブリを連発。

Img_2773

フライロッドでよしこさんがツムブリ

 

 



そして餌釣りをやってみると

 

なにやら強い引きで色が違った魚が、、、

 

そレはちっちゃいけど

 

キハダマグロでした。キメジと呼ぶ幼魚ですがマグロはマグロ。

Img_2742-2

人生でマグロ初体験のゆうかさん

 

この1尾で船の中は大騒ぎ。

 

かたや別の場所では同日、30kg以上の木肌を求めて走り回っているグネがあるという時に

 

可愛いもんです。

 

もしかしてもっと大きなマグロが釣れるんじゃないかと粘りましたが、

マグロはそれ1尾だけでした。

他のマグロ狙いの船と連絡を取っても、今日はマグロがほとんど水面に出てこないそうで

苦戦していました。

 

私たちも途中航行を続けたとき、跳ねを見つけて急行しましたが間に合いませんでした。すでにマグロは潜ってしまった後です。

 

 

そこで私たちはシイラでもつれればなんでもありを続けました。

 

それにしてもこの日のシイラの食いは抜群!

1mを超えるサイズは朝の1尾だけでしたが、

50cm〜80cmクラスがガンガン!

釣った魚のほとんどはリリースしました。食べきれませんからね。



Img_2687

小さなシイラの群れの中から回遊してきた良型を選んで釣った勇樹と友人の畑雄二郎さん

お互いにネットを手伝う。大切ですね。ネットも積極的にやって慣れてほしいものです。

すくってもらうばかりだと、いざという時にできませんから。

 

 

最終ラウンドでは餌釣りはせずにルアーオンリー

それでも連発は続き、終了となりました。

 

Img_2759

 

 

女子が使ったタックル紹介

 

ではお二人が爆釣した道具をご紹介しましょう。

 

よしこさん

ロッド・がまかつラグゼオーシャンランプーガ76

リール・ダイワカルディアキックス PE3500

ライン・PEジガー3号

リーダー・サンライン船ハリス16号

 

ゆうかさん

 

ロッド・がまかつラグゼオーシャンキャスティングシャフト70

リール カルディアキックス4000

ラインリーダーは同じ

 

ルアーは

 

Img_2780

上がヤマリアプラペンブルーランナー

下がジャッカルライザーベイト

この2つは投げて巻くだけでシイラがヒットしました。

フックは安全性と、フッキング効率、バレにくさを考慮しがまかつPフレックスMHに交換してあります。

 

フライは

Img_2776

私の友人白戸孝明さんが製作したカタクチキャンディ。フックはがまかつS10S4H。

 

今回も参加していただいた皆さん、ありがとうございました。ルーキーも含めまた仲間が増えましたね。

初心者への指導、ランディングネットなど、お手伝いをいただきありがとうございます。

自分自身で釣りまくるだけでなく、手伝っていただいてその人の笑顔を見て嬉しくなる、

そんな人間関係は素敵です。

また私たちのいイベントは我の強い人や、傍若無人の方はお断りしていますので

お一人で参加の方も安心していただけます。

休んでいるとき、「遠慮しないで釣ってください」と言われる釣りイベントです。

 

これからもよろしくお願いします。

Img_2765

皆さん、またお会いしましょう。

 

イベント案内はこちら

Youtubeはこちら

メルマガのご登録はこちらをご覧ください。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

|

シイラ・カツオ・マグロ釣り」カテゴリの記事