本文へジャンプします。




« 木戸川のサケ、いつか必ず釣りができる日が来ると信じて。 | トップページ | 令和の太公望 その3 人生を学ぶ!宗教か哲学か、それとも単なる道楽か? »

2019年12月 3日 (火)

ビッグベイトって本当に釣れるんだ!

でっかいルアーで釣るというステイタスとは、というお話です。

 

 毎年11月〜12月は東京湾の大物シーバスシーズンです。

 

G0024225

 

シーバスは魚食性が強い魚ですが、何でも食べます。イワシやサッパなどの小魚や、カニ、エビなどの甲殻類、そして春はバチ抜けで知られる誤解などの多毛類。そして魚影の濃さから、初心者にもいいときに当たれば簡単に数釣りができ、東京湾のシーバスは女性と初心者に優しいともいうべき、まぐれの大物一発も多々起こしてくれる魚です。またベテランならこだわりを持って奥の深い楽しみ方もできます。
 私は過去に様々なタイプのルアーをシーバスに試して釣果を得ました。特に淡水のブラックバスのように「こんなのでも釣れるの。」と思うような奇抜な形のルアーでも釣れることがわかりました。
 近年、バス用のビッグベイトで釣るのがステイタスとも言われています。中でも20cmを超えるルアーで釣ることは至高とされ、シーバスの獰猛さを知るときでもあります。
 秋のこの時期は30cm級のコノシロも捕食しているので、特にビッグベイトが有効です。
 11月中旬のある日、湾奥のチャーターボートで出港しました。ポイントはすでにYouTubeに情報が流れてしまったゲートブリッジ周辺。年によってコノシロが集まる場所が変わりますが、今年はここがよかったみたいです。
 使うルアーは22cmもあるジャッカルのダウズスイマー(通称ダウスイ)です。過去に17、5cmのルアーでも釣ったことはあるのですが、さらに大きいサイズです。巨大なルアーで釣るということは魅力です。10cm前後のイワシを模したルアーでは普通に釣れますから。
 同乗者の畑雄二郎さんと瀬野泰崇さんもその辺りを理解してくれています。自分が何とかこの大きなルアーで釣ろうと、邪念を捨てて投げ続けているときに、横で小型ルアーを使って連発されるとプレッシャーになることをです。
 タックルはベイトでもスピニングでもいいのですが、私はルアーが100gと重いのでシイラ用を使いました。ロッドはがまかつラグゼオーシャンランプーガ76、リールはセルテート3500、ラインはサンラインのPEジガー2号。リーダーは大物ハリス12号2mです。
 ポイントに着くと最初から3人でダウスイを投げ始めました。着水後、ゆっくり巻いて時々止める。それを繰り返すだけでした。15分後ぐらいには畑さんにヒットがありました。しかしそれは惜しくも外れてしまいました。

Img_4669-2

 

「デカかったですよ。」と畑さんは興奮していました。
 その後もすぐに彼にヒット。ボード側でルアーが水面に浮き上がった瞬間に食いついてきました。
 これは慎重にやりとりし、ラバーネットに収まりました。その魚は76cm。彼の自己最長記録になりました。
 その後瀬野さんと私にも60〜70cmの魚が次々とヒットし、大型魚でなくてもビッグベイトで釣れることを認識しました。船べりでヒットしてフックングがうまくいかずにバレてしまう魚もたくさんありました。

Img_5346 Img_4681
 私にも80cmを優に超える巨大魚がヒットしましたが、過激なエラ洗いで外れてしまいました。船長が「今のはすごかったですね〜。」ずっと言い続けていたので、本当に大きかったのだと思います。畑さんも船縁でヒットした巨大魚をバラし「自己最大魚更新だったのに〜」と悔しがっていました。
 何尾もヒットさせ、ビッグベイトを投げるのが疲れ、小型ルアーを投げてみると50cmほどのサイズは簡単にヒットしてきました。
 この小型魚数釣りに走ってしまうとビッグベイトの醍醐味は味わえません。

成功に鍵は心折れずに投げ続けることです。
みんながダウスイに戻り、投げていると瀬野さんにビッグヒット。これは80cmにちょっと足りない79cmでした。
 ちなみにこの日ダウスイへのヒットは20発以上ありました。

 

Gopr4192

 

このお話の動画サイトはこちらです。

チャンネル登録もお願いします。

 

奥山の釣りイベントは、メルマガの中で最新情報を配信中。是非お読みください。

登録はこちらから

 

 

|

ソルトウォーター(海釣り)」カテゴリの記事