本文へジャンプします。




健康・教育・自然科学・環境生態

勉強になるような内容です。

2020年9月23日 (水)

日本記録・世界記録の申請の仕方

 

Kg_20200923174201

 

このページでは、IGFA(国際ゲームフィッシュ協会)やJGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)に世界記録や日本記録を申請する要領をお伝えします。

I G F Aは釣魚文化の継承、釣魚の保護、釣魚環境の保護などについて活動していて、同時にI G F Aルールで釣り上げられた釣魚の世界記録を認定しています。言うなれば釣りのギネスのようなものです。


JGFAはその日本の姉妹団体で、日本国内においてI G F Aルールで釣られた釣魚の日本記録認定や、メンバーが釣り上げた魚の世界記録申請のお手伝いもしてくれます。

まずは日本国内で釣られた魚を日本記録に申請するにはどんなことが必要なのかを説明します。(その魚がそのまま世界記録になることもあります)

記録には2つの分野があり、コンベンショナルタックル(リールを使った通常のルアーや投げ釣り、餌釣り、船釣り、トローリングなど)とフライタックルがあります。リールを使わない延べ竿の釣りでは記録申請できません。

 

⚫️必要な3つのポイント


1、 釣り記録を残す
釣った魚の写真、アングラーと使用したタックルが写っている写真が必要です。もし可能ならこんな風に釣りましたというファイトの写真や風景も添付してください。

Img_6276

2003115-081_20200923174901

3kgテスト(6ポンド)で釣れた5.65kg のキハダ。


2、 魚の重さがわかる写真を撮る
釣った魚を秤にかけ、その魚と、秤の数値が読める写真が必要です。測る場所は、陸上あるいは地面と固定された場所で撮影しなくてはなりません。浮き桟橋やボートの上ではなく、固定された桟橋や地面(港などならコンクリート)あるいは浅瀬に立ち込んだ場所で撮ることが重要です。
ただしジュニアワールドレコードはボート上でも構いません。

116


3、 仕掛けの提出 
魚を釣った仕掛けは釣り上げたらすぐに抜き取り段ボールの厚紙などに巻いてキープしてください。ハリ、リーダー、ダブルラインなど仕掛けの全てとクラスライン(ミチイト)を最低5m以上とっておいてください。
 これを使いましたという証明ですので、処分してしまったら申請はできず、記録を逃すことになります。

Img_1364

 

⚫️釣る前に

 

皆さんはいつ記録魚をキャッチできるかどうか、わかりません。しかし釣れた時に申請するために準備が必要です。
IGFAルールブック(JGFAのホームページ、またはイヤーブックにも出ています)をよく読み、道具の規定、釣り方の規定などを把握しておくことが大切です。また狙っている魚の現在の記録サイズを知っておくことも重要です。


忘れてはならないのが釣りの法律(水産資源保護法など)や地域的なルール(県や漁協)、禁漁期、禁漁区でないことを調べておくべきです。知らないで釣りをしていて申請したら、審査で調べられて禁漁期間中だったということも稀にあります。その場合は失格になります。あるいは2020年のコロナ禍による外出自粛中のように、政府や都道府県の自粛要請中の釣りも受け入れられません。


 ラインクラス で狙う場合は、そのラインが規定の強度以下であることを確認しておくことです。多くのラインは表示強度よりも強いものです。予めJGFA でブレイクテストを受けるか、やや低めの数値のラインを使用することをお勧めします。
こちらの記事も参考にしてください。

・日本記録、世界記録を狙うためのラインの選び方

私たちの申請の中でもラインのスプールに記載してある数値を信用して魚を釣り申請したところ、オーバーテストしたことがあります。次の上のクラスになって記録成立すればまだいいのですが、上のクラスにさらに大きい魚がすでにあって失格になったことが何回もあります。

Img_1345

この2.55kgのニジマスは女子1kgクラスティペットで申請したものの、1.02kgで切れてオーバーテスト。2kgクラスには4.19kgがあったため失格。我が家にとって幻の日本記録になった。

 

⚫️釣りの最中の注意

 魚がヒットしたら速やかにアングラー自らがロッドを取り、合わせを入れるなどしてファイトしなくてはなりません。以外の人がロッドを取ってアングラー に渡すとか、ファイト中にのされた(魚の力でロッドが倒れた)時に他人がロッドやリールに触ってはいけません。ファイト中に他人がドラグを調整してはいけません。
 またロッドホルダーに掛けたままリールを巻いてはいけません。しかしランディングの時に他人がギャフやネットを手伝う、リーダーを掴むなどの行為は許されます。
 ちなみに電動リールや、クッションゴム使用は対象外です。
 こういう釣りのルールはJGFA のホームページで日本語に翻訳されて出ています。

 多くの大型魚が上記の失格行為によって記録成立していないのも事実です。

 

Img_6498

ネットやギャフを第三者が行うのはOK.しかし最後でのされた場合など、ロッドに触ったら失格。手伝うと一人で釣ったことにならない。

⚫️釣ったあと
 その魚を申請する場合、リリースするのか、キープするのかを瞬時に判断します。特にリリースする場合はスピードが必要です。
残念ながら沖釣りなどの場合で、魚が生簀に入らないほど大きい時でもボート上で測ることは許されていませんから、キープして港に持ち帰って測るしかありません。

0037

船上で魚の種類が分かりやすい写真を撮る。これはメバチ。

069_20200923162401

魚を秤にかけて写真を撮る

066

数値のクローズアップの写真があればなお良い

  釣った魚、その時使った道具の写真、測っている写真、測りの数値が読める写真を撮ります。追加としては全長、又長、胴回りを測っているものや魚種を判別する決め手になる部位の写真(スズキと、ヒラスズキがわかりやすいように下顎周辺の鱗の有無、ヒラマサとブリの違いを証明する上顎骨の写真など)や、マス類の場合は尾鰭が完全であることがわかる写真が必要です。
 又長を申請するレングスレコードの魚はボート上で測ることも許されていますが、この記録申請はリリースが前提です。I G F A規定のメジャーに乗せ、魚全体の写真、吻部のアップ、尾鰭周辺もアップの写真を撮ります。
使用する秤は1年以内に精度検査を受けたものか、あるいは申請と同時にその秤が正確であるかを証明するために一緒に提出し、精度証明を受ければ結構です。JGFAでは秤の検定もしてくれます。
 アナログ秤の場合は線と線の間にハリが来た場合は目分量ではなく、低い方を数値として読みます。

 

117

これは6、54kg

 

137

公証人、ウエイマスター(測った人)のサインをもらっておく。漁協の職員も協力してくれます。

 

⚫️仕掛けのキープ。

提出する仕掛けを取っておきましょう。
コンベンショナルタックルの場合は、ハリ、リーダー、ダブルラインの全てとそれにつながるクラスライン(ミチイト)を最低5m以上提出します。ルアーの場合はルアーを送らなくても写真やスケッチに残し、仕掛けがわかるようにしてルアーのアイからカットしたものを提出しても構いません。
フライの場合は、フライからショックティペット(使用ならば)、クラスティペットなどリーダー全部をとっておいてください。フライラインとループトウループでつないでいる場合はそのループまで、直結の場合は、フライラインを1インチ(2、55cm)カットして提出します。

 提出した仕掛けは基本的に返却されませんが、JGFAは希望すれば着払いにて返送してくれます。

2003115-071

ルアーは写真提出でもOK。

 

⚫️キャッチ&リリースについて

I G F A世界記録の半分ほどはキャッチ&リリースによって元の水に戻されています。
キャッチ&リリースをするためにはご自身で秤を常備し、釣ったらその場で素早く検量して逃してあげることです。
 最近推奨されるキャッチ&リリース申請の方法は、魚をネット(できればラバーネット)に入れたまま地面、または固定された桟橋の上などの上で(ボートから浅瀬に降りて測っても良い)、長さを測って写真を撮った後からリリースし、その後ネットのみの写真を撮ります。入れたままの重量からネットのみの重量を引いて魚の重さとして申請します。
水面から距離のある土手や、防波堤の上から釣る場合は生簀になるようなもの(いけすバッカンなど)を用意しておくといいでしょう。
 リリースの際には完全に回復したことを確認し、魚に敬意を評して逃しましょう。

Img_9299

魚とネットを一緒に測り写真を撮る

Img_9304

ネットだけ測って、差し引いて魚の重さを計算する。

Img_9287

アングラーと魚が写っている写真

Img_9296

タックルが写っている写真。マス類はヒレが野生魚のように尻尾が完璧である写真も。

 

Img_1122

河原がない川や、磯、堤防から釣る場合は活かしバッカンを用意したい。

 

⚫️最後のステップ

 

以上のことを終えたら、いよいよ申請です。JGFA のホームページ、あるいはイヤーブックからコピーした申請書に書き込みます。釣り人、釣りの詳細データなどを書き込み、写真(魚と釣り人とタックル写真、計量写真)と使った仕掛け(上記参照)を同封してJGFA 事務局に送ります。

〒104−0032東京都中央区八丁堀2−22−8 日本フィッシング 会館4F NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会宛 電話03−6280−3950

20200916-190248

 

Img_1368

JGFA事務局では毎月一回審査委員会を開催し、実際に使ったラインをブレイクテストし、識者立ち合いの元、釣魚の審査を行います。世界記録に相当する魚はIGFA事務局に書類が送られます。こちらの審査には3ヶ月〜9ヶ月かかる場合もあります。

無事審査を通過すれば、記録認定となり、認定証が発行され、記録リストに新たにあなたの釣果と名前が載るわけです。

申請に不備があっても直ちに失格ではなく、事務局からアドバイスがありますからご安心ください。事務局や審査委員会は皆さんの貴重な釣果を記録として公平に扱いたい意思が強いからです。

さあ、あなたもぜひレコードブレイクに挑戦してみてください。

釣った魚がたまたま日本記録、世界記録を超えていたという場合もありますが、

この魚のこのクラスなら狙えると準備していくこともできます。

IGFAルールは難しくありません。魚と人がフェアに戦うようにしてあるものです。簡単に言えば、手伝って貰わずに一人で釣り上げるということです。

 

⚫️JGFAへ入会のお勧め  入会案内

Kg

シイラ13、25kg (女子8kgクラスの日本記録)は相模湾で釣れた。

 

さあ、これから記録狙いにチャレンジしてみようという方。いきなり世界記録ではなく、まずは日本記録からとお考えになるのが普通でしょう。

是非JGFAに入会して、ルールなどを熟知し、魚への敬意をもって挑戦を始めませんか?

挑戦しなくてもある日突然大物が釣れたら、「わあ、大きい」と驚くだけでなく、記録更新の魚だったら是非申請してください。

 

日本記録に関して、ラインクラス はあらかじめJGFAの会員になり、自分の名前を登録しておく必要があります。

オールタックル(60kgクラスまでのライン使用)は手数料をお支払いいただき、どなたでも申請できます。

世界記録は手数料を払えばどなたでも申請できます。(JGFA会員は無料かつ手続きの代行をしてくれます。)

Img_0512

ソウギョの日本記録認定証と、メーターオーバークラブの登録証。

 

Img_4988

日本記録がそのまま世界記録になることもあります。

自分の釣った魚が世界一ですよ。夢がありますよね。

JGFA入会案内

 

 

JGFA入会案内

|


2020年9月 3日 (木)

木曽の山奥でイワナ釣り!

 

G0031186

 

8月の終わりには、木曽川支流の山奥にイワナ釣りに行きました。

参加者は4名。現地のガイドの木こりと、私とで案内を。

源流では野生動物との遭遇や、もし万が一怪我をしたり最悪の場合は滑落したときのことを考えると

初心者が一人で行くことはなかなか難しいものです。

Img_0712

それでも人気絶好調の渓流釣りに
「ぜひ参加したい!」と言う方も多いので、
6年ほど前から源流イワナセミナーを開始しました。

始めた頃は、新緑の5月末ごろと、9月に「マツタケ&イワナ釣り」に行ってました。

Youtubeにアップしてあるのでぜひご覧ください。

Img_0658

しかし、マツタケコースは山崩れがあり、ガイドがいても素人では行くことが困難になったため、中止になりました。

この2年間は初夏の釣り一回だけです。

今年も実は7月上旬に企画していたのですが、集中豪雨で延期になったのです。

Img_0628

さて私たちは林道をどん詰まりまで行き、そこに車を止めて1時間以上歩きます。

そうすることによって、天然魚との出会いが多くなるからです。

Img_0491

20200831-120932

天然魚はヤマトイワナと言われるこの地方独特の魚です。

ヤマトイワナは、イワナの特徴である背中の白い斑点がありません。

Img_0513

そこがおかしいと言うか、不思議で奇妙な魚です。

イワナの定義は「白点」があることなのですから。

しかしそれは美しいとも言えます。

 

私たち4人は二人づつに分かれて釣りを開始しました。

 使ったフライロッドは

8フィート3インチの3番。
ラインはDT3F,またはWF3F
リーダーは、5x9フィートの先端を30cmほどカットして
フロロカーボンのティペット(ハリス)0、6号を1mほどつなぎます。トータルで3、5mぐらいになります。

フライは#12〜10の茶色、あるいは黒いものならなんでもいいです。
パラシュートと、カディスパターンを使いました。

夏の酷暑で川はやや減衰気味。

それでもイワナたちは元気よく食いつき、そして時には警戒心たっぷりにフライを突いて帰りました。

Img_0503

今回は黄金ヤマトと私たちが勝手に呼んでいる
「金色のヤマトイワナ」を釣ることができました。しかも4名中3名も。

Img_0572

残りの1名も黄金をかけたのですが、引き寄せる途中で落としてしまいました。

Img_0626

参加者からは

「天然魚を初めて釣ったので感激しました。」

「ヤマトイワナがこんなにも綺麗だとは思っていませんでした。」

「魚もさることながら水が綺麗で景色も抜群でした。」

「一生懸命教えていただき、ありがとうございました。」

「木曽の天然水を沸かし、河原で飲んだコーヒーは最高です。」

G0051282

「あのアワセ損ねたイワナは悔しいから来年ぜひ。」

などなど感動や興奮の言葉が寄せられ、

私たちも開催した甲斐があったと嬉しく思っています。

 

水面に浮くドライフライに

イワナがスーッと浮き上がり、

フライをパクッと加える姿を見たらもう虜です。

そして、キャストミスをして岩などにフライを引っ掛けてしまって

取りに行こうと水に入った時、

大きなイワナがスーッと逃げて行った時の悔しさ。

キャスティング、アプローチ、流し方。全てがうまくいかないと釣れないんですね。

 

みなさん、また来年ご一緒しましょう。

動画もまもなく配信します。

Img_0507

奥山のメルマガ

この釣行の動画

チャンネル登録もぜひお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|


2020年7月17日 (金)

釣りと環境〜まき餌

釣りと環境

 

「釣りはなるべく自然環境に対してローインパクトであるべきだ」私は思っています。
しかし釣り人が使う撒き餌のおかげで海が汚れると言われた時もありました。
そこで「そうじゃないでしょ?」と証明する調査を行なっています。

Photo_20200717171501

 


2005年の4月から東京海洋大学と世界に名だたる釣り餌メーカーのマルキユーが共同研究で海底調査を始めて10年以上になります。
釣り場近くの海底がどの様になっているのか、
潜らないと見えない部分、分からない部分を究明することが目的です。

 

場所は三宅島と伊豆半島の赤沢の2箇所です。
三宅島は2000年の9月に雄山が噴火して全島民避難になり
4年8ヶ月後の4月、帰島許可が出ました。
すぐに佐藤秀一教授(海洋生物資源学科)、マルキユー研究室のチームと共に調査を開始しました。
この間誰も釣りをしていないからです。
海底は心配するほど火山泥などの堆積もすでになく、噴火以前と同じく、きれいな海が広がっていました。

 

釣り人がいる場所に潜った時は、撒きエサが海底に到達する前に小魚に全部食べられてしまうことも観察しました。
一方、三宅島とは対照的な調査地点として、伊豆半島の赤沢港を選びました。堤防釣りで有名なので撒きエサが何年も前から連日のように入っています。この伊豆半島のくぼみの奧にある港にて、同様の観察をしました。
やはり海底に届く前にすべて魚に食べられてしまいました。

 

この他に定点調査でダンゴ状にした餌を設置し
一晩おいて同じ場所に潜ってみると、跡形もなく、時にはヤドカリが集まって食べていました。
ダンゴがバラけた固形以外の成分は、最終的に彼らや微生物が分解しました。

20101014-017

撒きエサの堆積はどこにもありません。
回遊魚を寄せるコマセは、目的の魚が食べなくても、その他に豊富に生息する生物に食べられて分解され、
海の栄養として還元されるのです。
採取した水を分析しても撒き餌由来の窒素やリンの検出もありませんでした。

 

 

当時は国内で18都県が撒き餌禁止でしたが、この結果を発表すると佐賀県や高知県をはじめとして次々に解除され、
今では撒き餌禁止は3都県(東京都、茨城県、福井県)のみになっているぐらいです。

 

調査開始からずっと継続しているからこそ、
自信を持って報告が行えます。この話は「何年か前の誰かの話」ではないのです。私たちが見続けているのですから。

 

 

これは想像でしかない私見ですが、
水中に窒素やリンを放出しているのは
人が利用した生活処理水です。
つまり環境を汚しているのは、環境保全を訴える人々も含む人間が原因なのです。一部の釣り人の仕業ではありません。

 

 

 

奥山文弥  ホームページ

      メルマガ登録

      YouTube

 

 

|


2019年11月 5日 (火)

木戸川のサケ、いつか必ず釣りができる日が来ると信じて。

Img_4971

2011年のあの日が来るまでは、福島県楢葉町を流れる木戸川でサケ釣りを楽しんでいました。

 

 

 

続きを読む "木戸川のサケ、いつか必ず釣りができる日が来ると信じて。"

|


2019年7月22日 (月)

お寺で釣りの講義をしました。多摩川の魚と釣りの未来

私が関わるようなお寺は中禅寺(湖の釣り)と
少林寺(拳法)ぐらいだと思っていたのですが、
宗禅寺という羽村にある臨済宗の寺院からオファーが来
て釣りの講義をすることになりました。
Img_1481

続きを読む "お寺で釣りの講義をしました。多摩川の魚と釣りの未来"

|


2019年6月23日 (日)

羽村市環境フェスティバル

6月1日(土)は羽村市のゆとろぎで環境フェスティバルがありました。

私はフライフィッシングのブースを出して、そしてメインステージでは講演をさせていただきました。

Photo_20190623214701

続きを読む "羽村市環境フェスティバル"

|


2019年4月27日 (土)

業界紙に載せていただきました。

先日行われた公益財団法人日本釣振興会、埼玉県支部の総会の記事にて、
私のことも取り上げていただきました。ありがとうございました。
また、後日の埼玉県水産研究所の指導による入間川のコイの人工産卵藻設置に、
飛び入りで参加したにもかかわらず、
私の来場を記していただき、感謝しています。
どこぞの川で何センチの魚を釣ったという自慢話よりもはるかに価値がある記事です。
これからも精進していきます。
ところで、コイは害魚だ、駆除しようという考え方を
植え付けられている方がまだまだいますが、
行政の支持がある魚です。
そして国民の元気の象徴、
こいのぼりの魚です。

 

 

また人が作り変えた理不尽な自然の中でたくましく生きる魚です。
人造池に過密に放流された可愛そうなコイは適切に管理し、向き合っていきたいものです。86c83125cd6c4f9d9656cd7bf7984fd6

 

 

 

|


2018年12月21日 (金)

魚は痛みを感じるか?事実がわかったら行動しましょう。

いつまでもいい釣りができるように、キャッチ&リリースは、魚を殺さないことを目的に釣り人に推奨したり、釣り場がルール化したりしています。
そこで使用するのはラバーネットがいいと、特に中禅寺湖などの希少魚に対して提唱していますが、手編みネットがかっこいいとかの理由でなかなか賛同を得られていません。しかしわかっている方々はラバーネットを使っています。

この本はそれを応援してくれています。
賛同してくださっている方もぜひお読みください。
賛同してくれない人はこの本を読んで反論してください。(私じゃなく著者へ)
そして真実がわかったなら、みなさんが考え方を改め、魚に優しい対応をしてください。
そうすれば中禅寺湖はいつまでもいい魚が釣れ続く湖になるでしょう。
モノだけでなく、コトも。ラバーネットですくったからといって、岸辺て記念写真を撮るのに、こねくり回していては本末転倒ですよ。





| | コメント (0)


2018年10月11日 (木)

台風直前!三宅島からの帰還

三宅島に行ってきました。

台風模様で風が強く、海底調査も中止になるほどでしたが、、、、。

Img_2668

続きを読む "台風直前!三宅島からの帰還"

|


2017年9月30日 (土)

湘南沖の人食いザメ

湘南沖(相模湾)にて遭遇したヨシキリザメの動画をアップしました。

ぜひご覧ください。  → YOUTUBE

Photo_2

|


2016年11月 5日 (土)

いじめのない世界を

いじめはちょっと強い奴が弱い奴を狙うか、弱いもの同士が結託してちょっと強い奴でもヤられてしまうように思います。

喧嘩と同じで強さの優劣が明らかに違う場合は対象にならないんじゃないかと。
魚の世界にも同じようなことが起こります。
でもそれは、からかうとかではなく、
餌の取り合い、つまり命がかかっているんです。
私が原稿を書いた「ヤマメとさくらます」という絵本でも
そのいじめというか戦いを捉えています。
強いヤマメが川で餌を独り占めして、
餌を食べられなくなって十分な栄養を賄えなくなったヤマメ達はどうするのか?
海へ行くんです。
海でサクラマスになり大きくなって、再び川に帰って来た時、
自分をいじめたヤマメに出会います。

続きを読む "いじめのない世界を"

|


2016年11月 4日 (金)

三宅島 海底調査&フィッシング その1

2005年から毎年行っている三宅島、今年はちょっと違いました。

10月16日〜21日の渡航レポートです。

Dscf0167

この調査は東京海洋大学と、世界に名だたる釣りエサのメーカー、マルキユーとの共同研究で行なっているものです。
マルキユーのホームページ、そしてカタログにも私たちの活動が出ていますので、そちらもぜひご覧ください。

続きを読む "三宅島 海底調査&フィッシング その1"

|


2016年11月 4日 (金)

三宅島海底調査 & フィッシング その2

調査が終わり、海洋大生の栗本さんも帰京。私たちはデータの整理をしていよいよ沖磯にチャレンジすることになりましたが、、、、。

Img_6018

右から2番目の赤い帽子、香港からの客人ラムさんです。
左は民宿夕景のマスターの沖山勝彦さん。フィッシングガイドもしています。強面ですが、頼れるアニキです。

続きを読む "三宅島海底調査 & フィッシング その2"

|


2016年9月19日 (月)

釣りガール・マコちゃん マツタケ狩りと天然イワナフライフィッシング

木曽の山中に天然イワナのフライフィッシング、マツタケ狩りに行ってきました。

 

Img_4532

続きを読む "釣りガール・マコちゃん マツタケ狩りと天然イワナフライフィッシング"

|


2016年8月13日 (土)

レポート 木曽の天然イワナ釣りセミナー

7月30日〜31日。

 

木曽の山中へ現地を知り尽くした木こりのガイドで釣りをしてきました。

 

Img_2765

続きを読む "レポート 木曽の天然イワナ釣りセミナー"

|


2016年1月 8日 (金)

2016年に

みなさま、あけましておめでとうございます。

釣りの奥義をビジネスや人生、恋愛に活かそう。

釣りコーチの奥山文弥です。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
家族の愛情をたっぷり浴びて、
そのエネルギーも皆さんに注ぎます。

Dsc08516

続きを読む "2016年に"

|


2015年1月22日 (木)

楽しい勉強??

好きな人なら覚えられる。メルマガでも続きを配信中。https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=ffokuyama

Dsc04897

続きを読む "楽しい勉強??"

|


2015年1月14日 (水)

流れ藻の下に

相模湾でシイラを狙っているときに、漂流物の下に魚がたくさんいました。

YOUTUBEにアップしたのでぜひご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=OBSFW9ymR9I

チャンネル登録もお願いいたします。

|


2015年1月 9日 (金)

多摩川の最初の一滴  水干

東京都を流れる我らが多摩川。その水源は山梨県笠取山にあります。

Photo

続きを読む "多摩川の最初の一滴  水干"

|


2014年12月27日 (土)

長良川のアユ コケを食む YOUTUBEアップしました。

夏に撮影した長良川のアユ

コケを食むシーンです。動画はこちら

こんなにたくさん、良く見ると縄張り争いもしています。

癒されてください。

https://www.youtube.com/watch?v=iK6OrIrKhtg&list=UU85tqf3UFmfNNyCO2jgJ-xw

Img_6088

続きを読む "長良川のアユ コケを食む YOUTUBEアップしました。"

|


2014年11月10日 (月)

福井県の高校で釣りの科学

福井県若狭高校海洋科学科で「釣りの科学」講義を行いました。

Dsc04536

続きを読む "福井県の高校で釣りの科学"

|


2014年9月30日 (火)

湖上の黄金(ドラード)精進湖

秋晴れの下、家内とドライブ&フィッシングに

 

Dsc04073

続きを読む "湖上の黄金(ドラード)精進湖"

|


2014年3月23日 (日)

次世代教育サミット 国際バカロレア

1

今日は私には初のサミット参加です。

続きを読む "次世代教育サミット 国際バカロレア"

|


2014年3月 6日 (木)

少年サンデーに載せていただきました。

あのマンガ雑誌「週刊少年サンデー」3月5日発売号に奥山文弥が載ってます。

Photo

続きを読む "少年サンデーに載せていただきました。"

|


2014年2月10日 (月)

釣りと環境のシンポジウム

福島県の原発被災地でもある川内村を流れる木戸川上流のお話でした。

Aa

続きを読む "釣りと環境のシンポジウム"

|


2014年1月24日 (金)

ミズウオ

Dsc00174

釣りをしてたら泳いでいたのは、、、、。

続きを読む "ミズウオ"

|


2013年12月16日 (月)

サメの動画をアップしました。

YOUTUBEにアップしたつもりが、非公開になってました。ぜひともごらんください。

Dsc00904

驚愕!三宅島

http://www.youtube.com/watch?v=nfnyH8M-aMw&list=TL80a1gY0Vp58MNDZBivFn5zb_y9owKNGu

|


2013年10月 2日 (水)

沢のヤマメ

9月30日は渓流解禁最後の日

Dsc01285

続きを読む "沢のヤマメ"

|


2013年9月11日 (水)

2つの川

近場に典型的な二つの川がある。

 

Dsc00647

続きを読む "2つの川"

|


2013年8月23日 (金)

スローフィッシングというらしい。

小物釣りのことをスローフィッシングというらしいです。

Dsc04079

続きを読む "スローフィッシングというらしい。"

|


2013年6月10日 (月)

道志川のアユ情報

6月9日(日)道志川のアユ試し釣りに行ってきました。

Dsc01606
昼食に立ち寄ったどうし道の駅では山口組合長がアユを焼いていました。この日648尾も売れたとか、、、。(ちなみにこれらは養殖)

続きを読む "道志川のアユ情報"

|


2013年6月 3日 (月)

多摩川一斉水質調査

今日は美しい多摩川フォーラムが継続して行っている「多摩川水質一斉調査」に参加してきましたDsc01234

続きを読む "多摩川一斉水質調査"

|


2013年2月25日 (月)

海の再生

今日は釣りに行くのを止めて勉強しに行ってきました。

Dsc04392

続きを読む "海の再生"

|


2012年12月16日 (日)

patagoniaパタゴニア講演会 砂防ダムの話

パタゴニアの本社で、アウトドアのプロを集めた講習会が行われました。

Dsc03577

続きを読む "patagoniaパタゴニア講演会 砂防ダムの話"

|


2012年9月18日 (火)

海水温上昇??相模湾にあの魚が

9月16日は、フィッシングカレッジの釣行会、そしてフィッシュ&フィンズ例会合同で、相模湾に行きました。

当日、75cm前後のシイラは当たり前のように釣れて、マグロとカツオは姿見ずでしたが、あの魚が釣れて驚きました。

Dsc01459

続きを読む "海水温上昇??相模湾にあの魚が"

|


2012年6月12日 (火)

三宅島の海底調査

今年の三宅島調査はちょっと違いました。

P1080965

続きを読む "三宅島の海底調査"

|


2011年5月12日 (木)

チェリーボム!!

 となりの幼稚園でサクランボが実りはじめました。

P1040088

続きを読む "チェリーボム!!"

|


2011年2月25日 (金)

キャッチ&リリースのための記録

 今日は八丁堀の日本釣振興会に打ち合わせがあって行きましたがが、その日本フィッシング会館と言うビルの4Fにジャパンゲームフィッシュ協会のオフィスがあります。

P1030017

続きを読む "キャッチ&リリースのための記録"

|


2011年1月29日 (土)

多摩川の魚の話

福生の倫理法人会のモーニングセミナーで魚の話をしました。

Img_2341

続きを読む "多摩川の魚の話"

|


2011年1月14日 (金)

小春日和には程遠い

 所用があって

P1020750

続きを読む "小春日和には程遠い"

|


2010年12月10日 (金)

やっと秋ですね?

 我が家のとなりのイチョウです。

続きを読む "やっと秋ですね?"

|


2010年12月 3日 (金)

増水と減水

 まあ、この浅川も変な川です。

P1020240

続きを読む "増水と減水"

|


2010年11月17日 (水)

とうきゅう環境財団

都内に行ってきました。

Img_2132

続きを読む "とうきゅう環境財団"

|


2010年8月27日 (金)

渓谷で納涼!?

 ポンドエリアで取材するのはあまりにも暑いと

20100826_005

続きを読む "渓谷で納涼!?"

|


2010年8月 3日 (火)

バビーンリバースティールヘッド

51noiqj4ksl_sl500_aa300_

 バビーンの本が出版されます。

続きを読む "バビーンリバースティールヘッド"

|


2010年7月30日 (金)

海の幸

 先日釣ったメジ(クロマグロ)を

20100725_005

続きを読む "海の幸"

|


2010年6月14日 (月)

メダカのビオトープ

20100612_004

 羽村市立小作台小学校の庭でほったらかしになっていた池をメダカのビオトープに改造してはや5年、、、。

続きを読む "メダカのビオトープ"

|


2010年6月12日 (土)

こんなグランドスラム 三宅島の釣り

 三宅島の海底調査から帰還しました。

20100607_001

続きを読む "こんなグランドスラム 三宅島の釣り"

|


2010年3月17日 (水)

渓流解禁!

 3月15日、山梨県の桂川が解禁しました。

20100315_088


続きを読む "渓流解禁!"

|


2010年1月23日 (土)

彩ウキの威力か?

Img_0013


 クロダイ釣りはなかなか釣れませんが、、、。

続きを読む "彩ウキの威力か?"

|


2010年1月16日 (土)

認定書が届きました。

 昨年12月に釣ったシロザケの

200911291201_087


続きを読む "認定書が届きました。"

|


2010年1月 4日 (月)

 ホームページの記事を

私のホームページは

Imgp0177


続きを読む " ホームページの記事を"

|


2009年12月18日 (金)

多摩川のギバチ

 息子が自宅近くの多摩川で釣ってきました。

20091127_0212

Kさんに作ってもらった撮影用ケースでパチリ。

続きを読む "多摩川のギバチ"

|


2009年12月 2日 (水)

サーモンフィッシング IN ジャパン

新潟県の荒川にサーモンフィッシングに行ってきました。

200911291201_040

続きを読む "サーモンフィッシング IN ジャパン"

|