本文へジャンプします。




ソルトウォーター(海釣り)

磯釣り、船釣り、堤防釣りなど

2020年9月23日 (水)

日本記録・世界記録の申請の仕方

 

Kg_20200923174201

 

このページでは、IGFA(国際ゲームフィッシュ協会)やJGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)に世界記録や日本記録を申請する要領をお伝えします。

I G F Aは釣魚文化の継承、釣魚の保護、釣魚環境の保護などについて活動していて、同時にI G F Aルールで釣り上げられた釣魚の世界記録を認定しています。言うなれば釣りのギネスのようなものです。


JGFAはその日本の姉妹団体で、日本国内においてI G F Aルールで釣られた釣魚の日本記録認定や、メンバーが釣り上げた魚の世界記録申請のお手伝いもしてくれます。

まずは日本国内で釣られた魚を日本記録に申請するにはどんなことが必要なのかを説明します。(その魚がそのまま世界記録になることもあります)

記録には2つの分野があり、コンベンショナルタックル(リールを使った通常のルアーや投げ釣り、餌釣り、船釣り、トローリングなど)とフライタックルがあります。リールを使わない延べ竿の釣りでは記録申請できません。

 

⚫️必要な3つのポイント


1、 釣り記録を残す
釣った魚の写真、アングラーと使用したタックルが写っている写真が必要です。もし可能ならこんな風に釣りましたというファイトの写真や風景も添付してください。

Img_6276

2003115-081_20200923174901

3kgテスト(6ポンド)で釣れた5.65kg のキハダ。


2、 魚の重さがわかる写真を撮る
釣った魚を秤にかけ、その魚と、秤の数値が読める写真が必要です。測る場所は、陸上あるいは地面と固定された場所で撮影しなくてはなりません。浮き桟橋やボートの上ではなく、固定された桟橋や地面(港などならコンクリート)あるいは浅瀬に立ち込んだ場所で撮ることが重要です。
ただしジュニアワールドレコードはボート上でも構いません。

116


3、 仕掛けの提出 
魚を釣った仕掛けは釣り上げたらすぐに抜き取り段ボールの厚紙などに巻いてキープしてください。ハリ、リーダー、ダブルラインなど仕掛けの全てとクラスライン(ミチイト)を最低5m以上とっておいてください。
 これを使いましたという証明ですので、処分してしまったら申請はできず、記録を逃すことになります。

Img_1364

 

⚫️釣る前に

 

皆さんはいつ記録魚をキャッチできるかどうか、わかりません。しかし釣れた時に申請するために準備が必要です。
IGFAルールブック(JGFAのホームページ、またはイヤーブックにも出ています)をよく読み、道具の規定、釣り方の規定などを把握しておくことが大切です。また狙っている魚の現在の記録サイズを知っておくことも重要です。


忘れてはならないのが釣りの法律(水産資源保護法など)や地域的なルール(県や漁協)、禁漁期、禁漁区でないことを調べておくべきです。知らないで釣りをしていて申請したら、審査で調べられて禁漁期間中だったということも稀にあります。その場合は失格になります。あるいは2020年のコロナ禍による外出自粛中のように、政府や都道府県の自粛要請中の釣りも受け入れられません。


 ラインクラス で狙う場合は、そのラインが規定の強度以下であることを確認しておくことです。多くのラインは表示強度よりも強いものです。予めJGFA でブレイクテストを受けるか、やや低めの数値のラインを使用することをお勧めします。
こちらの記事も参考にしてください。

・日本記録、世界記録を狙うためのラインの選び方

私たちの申請の中でもラインのスプールに記載してある数値を信用して魚を釣り申請したところ、オーバーテストしたことがあります。次の上のクラスになって記録成立すればまだいいのですが、上のクラスにさらに大きい魚がすでにあって失格になったことが何回もあります。

Img_1345

この2.55kgのニジマスは女子1kgクラスティペットで申請したものの、1.02kgで切れてオーバーテスト。2kgクラスには4.19kgがあったため失格。我が家にとって幻の日本記録になった。

 

⚫️釣りの最中の注意

 魚がヒットしたら速やかにアングラー自らがロッドを取り、合わせを入れるなどしてファイトしなくてはなりません。以外の人がロッドを取ってアングラー に渡すとか、ファイト中にのされた(魚の力でロッドが倒れた)時に他人がロッドやリールに触ってはいけません。ファイト中に他人がドラグを調整してはいけません。
 またロッドホルダーに掛けたままリールを巻いてはいけません。しかしランディングの時に他人がギャフやネットを手伝う、リーダーを掴むなどの行為は許されます。
 ちなみに電動リールや、クッションゴム使用は対象外です。
 こういう釣りのルールはJGFA のホームページで日本語に翻訳されて出ています。

 多くの大型魚が上記の失格行為によって記録成立していないのも事実です。

 

Img_6498

ネットやギャフを第三者が行うのはOK.しかし最後でのされた場合など、ロッドに触ったら失格。手伝うと一人で釣ったことにならない。

⚫️釣ったあと
 その魚を申請する場合、リリースするのか、キープするのかを瞬時に判断します。特にリリースする場合はスピードが必要です。
残念ながら沖釣りなどの場合で、魚が生簀に入らないほど大きい時でもボート上で測ることは許されていませんから、キープして港に持ち帰って測るしかありません。

0037

船上で魚の種類が分かりやすい写真を撮る。これはメバチ。

069_20200923162401

魚を秤にかけて写真を撮る

066

数値のクローズアップの写真があればなお良い

  釣った魚、その時使った道具の写真、測っている写真、測りの数値が読める写真を撮ります。追加としては全長、又長、胴回りを測っているものや魚種を判別する決め手になる部位の写真(スズキと、ヒラスズキがわかりやすいように下顎周辺の鱗の有無、ヒラマサとブリの違いを証明する上顎骨の写真など)や、マス類の場合は尾鰭が完全であることがわかる写真が必要です。
 又長を申請するレングスレコードの魚はボート上で測ることも許されていますが、この記録申請はリリースが前提です。I G F A規定のメジャーに乗せ、魚全体の写真、吻部のアップ、尾鰭周辺もアップの写真を撮ります。
使用する秤は1年以内に精度検査を受けたものか、あるいは申請と同時にその秤が正確であるかを証明するために一緒に提出し、精度証明を受ければ結構です。JGFAでは秤の検定もしてくれます。
 アナログ秤の場合は線と線の間にハリが来た場合は目分量ではなく、低い方を数値として読みます。

 

117

これは6、54kg

 

137

公証人、ウエイマスター(測った人)のサインをもらっておく。漁協の職員も協力してくれます。

 

⚫️仕掛けのキープ。

提出する仕掛けを取っておきましょう。
コンベンショナルタックルの場合は、ハリ、リーダー、ダブルラインの全てとそれにつながるクラスライン(ミチイト)を最低5m以上提出します。ルアーの場合はルアーを送らなくても写真やスケッチに残し、仕掛けがわかるようにしてルアーのアイからカットしたものを提出しても構いません。
フライの場合は、フライからショックティペット(使用ならば)、クラスティペットなどリーダー全部をとっておいてください。フライラインとループトウループでつないでいる場合はそのループまで、直結の場合は、フライラインを1インチ(2、55cm)カットして提出します。

 提出した仕掛けは基本的に返却されませんが、JGFAは希望すれば着払いにて返送してくれます。

2003115-071

ルアーは写真提出でもOK。

 

⚫️キャッチ&リリースについて

I G F A世界記録の半分ほどはキャッチ&リリースによって元の水に戻されています。
キャッチ&リリースをするためにはご自身で秤を常備し、釣ったらその場で素早く検量して逃してあげることです。
 最近推奨されるキャッチ&リリース申請の方法は、魚をネット(できればラバーネット)に入れたまま地面、または固定された桟橋の上などの上で(ボートから浅瀬に降りて測っても良い)、長さを測って写真を撮った後からリリースし、その後ネットのみの写真を撮ります。入れたままの重量からネットのみの重量を引いて魚の重さとして申請します。
水面から距離のある土手や、防波堤の上から釣る場合は生簀になるようなもの(いけすバッカンなど)を用意しておくといいでしょう。
 リリースの際には完全に回復したことを確認し、魚に敬意を評して逃しましょう。

Img_9299

魚とネットを一緒に測り写真を撮る

Img_9304

ネットだけ測って、差し引いて魚の重さを計算する。

Img_9287

アングラーと魚が写っている写真

Img_9296

タックルが写っている写真。マス類はヒレが野生魚のように尻尾が完璧である写真も。

 

Img_1122

河原がない川や、磯、堤防から釣る場合は活かしバッカンを用意したい。

 

⚫️最後のステップ

 

以上のことを終えたら、いよいよ申請です。JGFA のホームページ、あるいはイヤーブックからコピーした申請書に書き込みます。釣り人、釣りの詳細データなどを書き込み、写真(魚と釣り人とタックル写真、計量写真)と使った仕掛け(上記参照)を同封してJGFA 事務局に送ります。

〒104−0032東京都中央区八丁堀2−22−8 日本フィッシング 会館4F NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会宛 電話03−6280−3950

20200916-190248

 

Img_1368

JGFA事務局では毎月一回審査委員会を開催し、実際に使ったラインをブレイクテストし、識者立ち合いの元、釣魚の審査を行います。世界記録に相当する魚はIGFA事務局に書類が送られます。こちらの審査には3ヶ月〜9ヶ月かかる場合もあります。

無事審査を通過すれば、記録認定となり、認定証が発行され、記録リストに新たにあなたの釣果と名前が載るわけです。

申請に不備があっても直ちに失格ではなく、事務局からアドバイスがありますからご安心ください。事務局や審査委員会は皆さんの貴重な釣果を記録として公平に扱いたい意思が強いからです。

さあ、あなたもぜひレコードブレイクに挑戦してみてください。

釣った魚がたまたま日本記録、世界記録を超えていたという場合もありますが、

この魚のこのクラスなら狙えると準備していくこともできます。

IGFAルールは難しくありません。魚と人がフェアに戦うようにしてあるものです。簡単に言えば、手伝って貰わずに一人で釣り上げるということです。

 

⚫️JGFAへ入会のお勧め  入会案内

Kg

シイラ13、25kg (女子8kgクラスの日本記録)は相模湾で釣れた。

 

さあ、これから記録狙いにチャレンジしてみようという方。いきなり世界記録ではなく、まずは日本記録からとお考えになるのが普通でしょう。

是非JGFAに入会して、ルールなどを熟知し、魚への敬意をもって挑戦を始めませんか?

挑戦しなくてもある日突然大物が釣れたら、「わあ、大きい」と驚くだけでなく、記録更新の魚だったら是非申請してください。

 

日本記録に関して、ラインクラス はあらかじめJGFAの会員になり、自分の名前を登録しておく必要があります。

オールタックル(60kgクラスまでのライン使用)は手数料をお支払いいただき、どなたでも申請できます。

世界記録は手数料を払えばどなたでも申請できます。(JGFA会員は無料かつ手続きの代行をしてくれます。)

Img_0512

ソウギョの日本記録認定証と、メーターオーバークラブの登録証。

 

Img_4988

日本記録がそのまま世界記録になることもあります。

自分の釣った魚が世界一ですよ。夢がありますよね。

JGFA入会案内

 

 

JGFA入会案内

|


2020年8月17日 (月)

家族でカジキ釣りという幸せ?

休みに静岡の遠州灘に行ってきました。

 

友人の松下正春さんの所有する「大洋丸」に乗り3日間沖合でトローリングをしたのです。

 

アシスタントに長男勇樹と、妻幸代を連れて行きましたがバカンスではありません。

Img_6387

今回はカジキにタグ(標識)を打つという重要なミッションです。勇樹は力仕事や諸々の雑用、幸代は撮影班で。勇樹の友人も参加予定でしたが、職場の方にコロナウィルスの疑いがあったというので、キャンセルに。(後に陰性と判明)

 

大洋丸は地味な名前ですが、ビルフィッシュ用にチューンされたフィッシングクルーザーです。息子はクルーザーに乗るのは初めてなので感動していました。

 

 まずタグについて説明しましょう。I G F A(国際ゲームフィッシュ協会)では、カジキにタグを打ち、後に再捕獲された時に、移動距離と成長を見るタグ&リリースを行っていました。私たちは身近な魚では、スズキなどにタグを打っているのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
 今回行うのは衛星タグ。サテライトタグとかポップアップタグと言われる超進化版です。タグの中にコンピューターを仕込み、それは270日(約9ヶ月)作動します。水中では電波が届きませんが、作動期間終了後カジキから自動的に切り離され水面に浮きます(これがポップアップ)。浮いたら電波が衛星経由でスタンフォード大学のバーバラ・ブロック教授のもとに送られます。そしてカジキの270日間の行動がわかるわけです。

Img_1523
 I G F Aではその年にこの衛星タグを打ったカジキがどれだけの距離を泳いだかを競うグレートマーリンレースを行っています。これは世界中どこの海で釣られたカジキでもO K。衛星タグを打ち、泳いだ最長距離のカジキにタグを打ったチームが表彰されるのです。
 通常のカジキ釣り大会では、釣ったカジキの重さと使ったラインクラス で判定され、順位が決まりますが、カジキのサイズは問いません。しかし270日後にしか結果が出ないのです。その間ワクワクして希望が持続するのです。
 20200817-163455

イメージ湧きますか?カジキといえば釣り上げたら港へ持ち帰りぶら下げて一緒に写真を撮る、というのが今までの当たり前でしたが、タグ&リリースが推奨され、さらにこんな衛星タグを打つという余裕の考え方があるのです。松下さんもこれまで散々カジキを釣り「もうカジキは殺さない、ぶら下げない。」というポリシーを持っています。

 

 松下さんは2009年に参加したハワイのカジキ釣り大会で初めて衛星タグを打ちました。その後何回か大会に出場しているうちにそれを地元で、自分の船で打ちたいと考え始めました。

そしてこの計画を始めたのは1昨年でした。

まだ日本ではほとんどの方が衛星タグに興味を持っていなかったため、まず私に話を持ちかけてくれました。ありがたいことです。

しかし私は専門ではないため、東京大学の海洋生命科学行動生態計測分野の佐藤克文教授に相談して準備を進めました。当時はポップアップに要する時間は3ヶ月でしたが、この2年で進化しバッテリーが9ヶ月持つようになったのです。

もちろん佐藤さんとバーバラさんとは交流があり、お互いに情報交換をしています。
 
 私たちとしてはそんな大それたプロジェクトに関われたことを幸運に思っていますが、これも松下さんといいお付き合いをしていたからということに尽きます。

Img_1819

 さて初日の8月9日、午前中いきなりカジキのヒットがありました。そしてジャンプ。

こんな簡単にヒットしちゃっていいの?と思いました。

私たちはカジキのジャンプを見るのは久しぶりです。

Img_1573

その姿に感動し、必死でリールを巻きましたが、ボート際で惜しくも逃げられました。
その後アタリがなく、時間がどんどん過ぎていき、ストップフィッシング10分前、またヒットしました。

今度こそ逃してなるものかと台としましたが、これは私がファイトに時間をかけ過ぎたため、ちょっと弱ってしまいました。

衛星タグは諦め、番号を書いただけのノーマルタグを打ってリリースしました。


 この時、カジキのリリースはこんなに大変なのかとわかりました。

ボートを走らせながら縁から角を持って泳ぎ出すまで支えていなくてはなりませんから。

Img_1645

 

Img_1678


 松下さんは全身びしょ濡れで20分間支えていました。

Img_1666

20200814-182807

初日に2尾もヒットしたものですから勇樹が釣りたくなるのも無理はありません。


2日目は、「今日はお前の番」とアングラーを任せました。

20200814-184737
 やはり午前中ヒットがありましたが、これは数回ジャンプした後フックオフ。「まじか?」と残念がっても後の祭り、そして2尾目のヒットは50kgのキハダでした。

Gopr1035

カジキをバラしたのはショックでしたが、勇樹の初マグロ(少年時代のメジは除く)だったのでよしとしましょう。
 

Img_1809

 

そして3日目は最終日、朝から何もなく、時間だけが過ぎていきました。

「今回衛星タグはダメかも」と半分以上諦めていたその時、リールが唸りました。


「カジキだ!跳ねてる。」勇樹がロッドを抜きながら叫びました。

 

20200814-185733

ヒットしたらアングラー以外の人は魚が掛かっていない仕掛けを回収するので、それまでのヒットはではあまり見ている暇はありませんでしたが、
今回は何度もジャンプしているのが見えました。

Photo_20200817161801
 近くに寄せてくるとそれはシロカジキ(ブラックーマーリン)でした。松下さんはできればクロカジキ(ブルーマーリン)にタグを打ちたいようでしたが、初の衛星タグを打てる魚がそこにいるだけでも幸せと思わなくてはなりません。

勇樹も2尾目とのファイトなので余裕で寄せてきているため魚は元気です。

20200813-104503


 これに無事、衛星タグとノーマルタグを打ち、今回のミッションは無事終了となりました。

アングラー 奥山勇樹

キャプテン 松下正春

タグマン  奥山文弥

撮影    奥山幸代

9ヶ月後このタグの魚がどこまで泳いでいるのかが楽しみですね。

Img_6488

Img_1851

カジキ釣りは超大物釣りですが、「掛かったらリールを巻くだけだろ?」と軽く見る人も結構います。

しかし久しぶりに体験してみて思ったのは、掛かるまで待つ時間が大変だということ。

船長は常に気を張って、ルアーを選び、仕掛けを作り、ルアーの動きをチェックし、掛かってからアングラーがファイトしやすいようにボートを動かし、そしてアングラーは必死でリールを巻かなくてはなりません。

キャプテンやクルーはそういう細かいことをしてチームを動かすことが大好きなのです。


今回はなるべく早く寄せて元気なうちにタグを打つ、という大物釣りに矛盾したことを今回やり遂げ、感無量です。
 

Img_1643_20200817162201

こんな素晴らしい体験をさせてくれた松下正春さんに感謝してもしきれません。クルーの皆様もありがとうございました。

 

映像はバッチリ納めてありますから、近いうちにyoutubeにアップします。ご期待ください。

 

奥山文弥 メルマガ登録

奥山文弥 YouTube

 

 

 

 

|


2019年12月 3日 (火)

ビッグベイトって本当に釣れるんだ!

でっかいルアーで釣るというステイタスとは、というお話です。

 

 毎年11月〜12月は東京湾の大物シーバスシーズンです。

 

G0024225

続きを読む "ビッグベイトって本当に釣れるんだ!"

|


2019年9月 8日 (日)

ヒラマサ、マグロ釣れた!えっ?

9月7日(土)はフィッシングカレッジ奥山塾でした。台風15号直撃寸前の相模湾に丸伊丸で出撃。

早めに海が荒れたら出られないので、とりあえず出港できてよかったです。

Img_2756

 

動画はこちらから

 

続きを読む "ヒラマサ、マグロ釣れた!えっ?"

|


2019年7月 8日 (月)

梅雨明け前のシイラ

 

Img_1079

今年初の相模湾は夏全開!とはいえない雨模様。

私たちが一番ガッカリするのは、船が出ないこと。

 

 

7月6日(土)の未明、長井新宿港の前を通ったら鈴清丸や、竜海丸には人がいませんでした。つまりキャンセル。

丸伊丸のある長井荒崎港に着くと真っ暗。

船長はなかなか来ない、しかし電話もかかって来ないので待ちました。

やっと船長が来て

 

「昨夜寝た後に予報が変わった。他の船はみんな中止したみたいだ。」と言ってましたが、、、

予定より30分遅れて出港。

波しぶきだか、雨だかわからないシャワーを浴びつつ、期待は大。

 

以前他の船が出ない時に爆釣したことがありますから。

しかし魚に出会わないと釣れませんからねえ。

Img_1052

絶対に釣りたいなら最初からライブベイトがいいですよ。と言うアドバイスを聞いた方は次々にヒットしました。

ルアーやってから釣れなかったら餌釣りします、っていう人多いんですが、釣れなかったらという時間には

もうすでに餌でやっても釣れない(魚がいなくなっている)時になっていることもよくあるんです。

回遊魚ですから、ずっとそこにいるわけではなく、

例えば数が少ない時や活性が低い時は

ルアーでヒットした魚をバラしたら、その魚に他の魚がついて逃げて行ってしまい、

群れがいなくなるってこともあるんです。

初心者は餌があるなら是非最初に釣ってください。

 

Img_1064

ルアーだろうが餌だろうが引きを味わうのと、

そしてそれは大物とのファイトの練習になります。

というのが私たちの考えであり、アドバイスです。

 

ちなみに家内はエサとフライで釣りますが、ルアーはやりません。

 

ルアーで頑張った若い方々は、連続でバラしてました。

パヤオをいくつか移動しつつ魚を探しましたが、いません。いません。おかしい。

いないんです。

昨日までいたと言う群れさえどこへ行ったのやら。

でも沖へ出れただけ幸せ。

船長もよく決断してくれました。

 

フライ初挑戦の人も釣って幸せ。

Img_1072

 

海の自然は千変万化。

最大魚は108cmでした。

 

今回はこれで勘弁してやろう。

勘弁して下さい。

下船後の温泉はとても癒しになりました。

Img_1073

 

 

今後のイベント情報はこちら

 

一番早い情報提供するメルマガの登録はこちら

 

|


2019年6月15日 (土)

三宅島の怪魚

三宅島に行ってきました。

釣りエサのトップメーカーのマルキユーと東京海洋大学の産学連携の共同研究です。

釣り人が撒いたコマセ(撒き餌)が海底に溜まりヘドロ化するというのが間違いであることを証明するため、釣り人が多い港の中に潜っています。

今年で15年目。


潜って観察し、水を採取して分析し、汚れていないことを調べています。

毎年結果は、ご安心ください。全く汚れていません。

工事由来の瓦礫は水中にありますが、釣り人が捨てたようなゴミもありません。

魚が掛かって持って行かれ、海中に沈んでいる釣具はありましたが(笑)


毎回のことですが余り時間は釣りをします。

今回は、磯からブッコミ釣りをしました。

エサはマルキユーのくわせ赤貝。

特殊加工した冷凍の赤貝です。

生きたウニやカニがなくても大丈夫です。

いろんな魚が釣れて面白いのですが、中でもみどり色の珍獣とも言うべきカンムリベラが掛かった時は驚き、笑いました。

こう言う魚ならチビガキダイよりも面白いですね。


こだわると外道ですが、最初からなんでもありならメチャ楽しいですよ。

Db8181211efa496185f8ec3acaee038b


竿  ダイワ絶海

リール  アンバサダー7000C

ミチイト  サンライン磯スペシャル遠投14号

ハリ  がまかつ ガゼ15号。








|


2018年12月26日 (水)

磯釣り これぞ男のバンカラな釣り

打ち寄せる波、砕ける波、そして強烈な引き!



Img_4628





続きを読む "磯釣り これぞ男のバンカラな釣り"

|


2018年12月 6日 (木)

ディズニー沖でフィッシングイベント

11月23日は、毎年恒例の東京湾フィッシング。今年もディズニーランド&シーを沖から見て感激しました。

Img_4456

続きを読む "ディズニー沖でフィッシングイベント"

|


2018年7月23日 (月)

「俺達。」のルアーにカジキがヒットした!

 

「釣り師はやたらと会を作る癖があり、それがまた分裂しやすいというのも特徴のようですが、、、、。」

というのはかの文豪、故・開高健さんの言葉ですが、


ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)は今年で創立40周年。1979年に設立され、2000年にはNPO法人として再編成されました。


Img_9741


続きを読む "「俺達。」のルアーにカジキがヒットした!"

|


2017年11月30日 (木)

ディズニー沖でフィッシング シーバス釣り

フィッシングカレッジ奥山塾でシーバス釣りに行って来ました。

Img_1969_2

続きを読む "ディズニー沖でフィッシング シーバス釣り"

|


2017年11月30日 (木)

ライザーベイトという新型ルアーで爆釣!

11月9日夜、東神奈川のマリーナから高城誠一郎さんと一緒にシーバス釣りにいきました。

今回は新型の秘密兵器ジャッカルのライザーベイトを持って行きました。

Img_2323

続きを読む "ライザーベイトという新型ルアーで爆釣!"

|


2017年10月19日 (木)

三宅島の釣り サメに食われましたその2

三宅島の釣りの続きです。

海底調査のために地磯周りを潜りました。
バデイは三宅島ダイビングサービスディープインの鈴木義晴さんと、マルキユー研究室長の藤原亮さんです。

Photo_2

メジナはたくさんいましたよ。
#三宅島
#磯釣り
#サメ
#ドタブカ
#ヤジブカ
#ガラパゴスザメ
#カマストガリザメ
#オグロメジロザメ
#沼口麻子

続きを読む "三宅島の釣り サメに食われましたその2"

|


2017年10月18日 (水)

三宅島の釣り サメに食われました。

 10月2日に東京海洋大学でフィッシングカレッジも講義を終わらせた後、そのまま竹芝桟橋へ行って三宅島に渡航しました。


Img_0198

船内は快適ですが、食堂(メニュー、味、スタッフの態度)が最悪の橘丸。

#三宅島
#三宅島の釣り
#三宅島磯釣り
#マルキユー

続きを読む "三宅島の釣り サメに食われました。"

|


2017年10月18日 (水)

東京湾ディズニー沖ででスズキ(シーバス)釣りをしましょう

初心者歓迎の釣りイベント行います。

ディズニー沖での釣りです。いい思い出になると思いますよ。
ご家族、カップル、親子でもぜひどうぞ。

Photo

詳しくはこちらをご覧下さい。
#ディズニー
#シーバス
#東京湾
#スズキ
#江戸前
#ソルトルアー

|


2017年5月 5日 (金)

ボートフィッシングに行ってきました。

ラブラブな夫婦のマイボートに乗せていただきました。

Img_2230


続きを読む "ボートフィッシングに行ってきました。"

|


2016年12月29日 (木)

山正丸 その1 やっぱり外房は 

外房でブリやヒラマサなど青物を狙った大原・山正丸での釣りレポート その1

Warasa7

続きを読む "山正丸 その1 やっぱり外房は "

|


2016年12月29日 (木)

山正丸  その2 釣りは楽しい筋トレ

外房でブリやヒラマサなど青物を狙った大原・山正丸での釣りレポート その2

Img_8432

続きを読む "山正丸  その2 釣りは楽しい筋トレ"

|


2016年11月21日 (月)

東京湾のシーバス(スズキ)釣り 巨大魚が連発!

ディズニー沖でスズキ釣りをしました。

 

 

 

Pb280008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "東京湾のシーバス(スズキ)釣り 巨大魚が連発!"

|


2016年9月 4日 (日)

レポート エビスシイラが釣れた!相模湾のマグロ、シイラを追う釣りセミナー 鈴清丸

9月3日 相模湾の沖合へ、マグロやシイラを求めて出港しました。

参加者は女性1名を含む10名。

船は長井新宿港の鈴清丸です。

船長は女の子のガイドをするのが大好きという鈴木清一さんです。

「昨日はお〜、マグロが跳ねまくって凄かっただお〜。」っていきなり聞かされたものですから、、、。

Img_3603

後列中央が鈴木清一さん。

続きを読む "レポート エビスシイラが釣れた!相模湾のマグロ、シイラを追う釣りセミナー 鈴清丸"

|


2015年7月24日 (金)

シイラ爆釣! 相模湾の沖合い釣り

7月11日のフィッシングカレッッジ奥山塾のレポートです。

 

 

 

続きを読む "シイラ爆釣! 相模湾の沖合い釣り"

|


2015年3月 7日 (土)

スズキでカルパッチョ

スズキのことを釣り用語ではシーバスといいます。

25131

続きを読む "スズキでカルパッチョ"

|


2014年12月 2日 (火)

東京湾シーバス釣り 釣幸会

フィッシングカレッジ釣幸会の模様を動画でアップしました。

ご覧下さい。

Dsc04690

https://www.youtube.com/watch?v=mi2pDf3_xAA&list=UU85tqf3UFmfNNyCO2jgJ-xw

ぜひチャンネル登録もお願いします。

続きを読む "東京湾シーバス釣り 釣幸会"

|


2014年9月27日 (土)

相模湾のマグロ釣り そこでカジキゲット

この夏、非常にエキサイトした日の動画をアップしました。

ぜひご覧下さい。

相模湾のマグロ釣り、そこでカジキゲット

https://www.youtube.com/watch?v=n983U_S1_v4&list=TLmAspUhUYZuA2BfHuOkzwePAxsoFk5wNK

Dsc02932

続きを読む "相模湾のマグロ釣り そこでカジキゲット"

|


2014年2月 8日 (土)

祝! クロダイリベンジ

釣りの場合、リベンジって言葉が適当なのかはわかりませんが、、、、。

Dsc00265

続きを読む "祝! クロダイリベンジ"

|


2013年12月22日 (日)

ドチザメ釣り

ジョーズのサメではありませんが、、、。

Dsc03185

続きを読む "ドチザメ釣り"

|


2013年6月26日 (水)

シャローでテイルするクロダイ

浅場でエサを食べるクロダイをフライで釣ってみたいと思っていましたが、、

Dsc02102

続きを読む "シャローでテイルするクロダイ"

|


2013年5月22日 (水)

深海魚ロケに行ってきました。

 先日のロケハンに続き、深海魚釣りの本番に行ってきました。

 

Dsc00780

続きを読む "深海魚ロケに行ってきました。"

|


2013年2月 1日 (金)

クロダイ釣りのラバーネット

愛用していた磯玉網に、魚に優しいラバーネットを装着しました。

Dsc04079

続きを読む "クロダイ釣りのラバーネット"

|


2011年7月21日 (木)

バッキングライン

疲れた~。デッカイフライリールにバッキングライン(下巻きイト)を巻いたら、

20110721_006

続きを読む "バッキングライン"

|


2010年10月28日 (木)

ノット(結び)の本

 新しいノットの本が出ました。これを読んで仕掛け作りに磨きをかけましょう。

続きを読む "ノット(結び)の本"

|


2010年7月 1日 (木)

シイラな夏が

いよいよシーズン到来です。

20100630_010

続きを読む "シイラな夏が"

|


2009年12月27日 (日)

今年の大物その2

 今年はこんな大物も釣れました。200906015_023


続きを読む "今年の大物その2"

|


2009年10月25日 (日)

メジマグロ

P9230001

 相模湾に出現する回遊魚はカツオ・シイラ・マグロです。

続きを読む "メジマグロ"

|


2009年10月25日 (日)

キハダ祭り

20091021_002

10月21日は長井漆山港から青木丸に乗ってカツオ釣りです。

続きを読む "キハダ祭り"

|